5歳~11歳の小児への新型コロナワクチン接種について

更新日:2022年09月13日

令和4年3月から5歳から11 歳の方も新型コロナワクチンの接種を受けられるようになりました。
また、令和4年9月6日から追加接種(3回目)が始まりました。
現在、国内においても新型コロナウイルスに感染した方のうち、子どもの占める割合が増えてきています。お子さまと一緒にワクチン接種についてご検討ください。

5歳から11歳のお子様と保護者の方へ新型コロナワクチン接種のお知らせ(PDFファイル)

5歳から11歳のお子様と保護者の方へ新型コロナワクチン接種(3回目)のお知らせ(PDFファイル)

ファイザー社の新型コロナワクチン予防接種についての説明書(PDFファイル)

ファイザー社の新型コロナワクチン予防接種(小児用追加接種)についての説明書(PDFファイル)

令和4年9月6日から努力義務が適用されました

小児(5~11歳)の新型コロナワクチン接種は、これまで努力義務の対象とされていませんでしたが、オミクロン株流行下での新たな知見を踏まえ、令和4年9月6日付で予防接種法施行令が改正され、新型コロナワクチンの小児接種(1・2回目接種、3回目接種とも)に予防接種法上の「努力義務」が適用されることとなりました。

※「努力義務」とは、「受けるよう努めなければならない」という予防接種法上の規定で、「義務」とは異なり強制するものではありません。

接種は強制ではなく、引き続きワクチンの効果と副反応の双方についてご理解をいただき、保護者とお子様が相談して各ご家庭で判断していただくことに変わりありませんが、これまで以上にワクチンの接種について積極的にご検討ください。

 

保護者の方へ

新型コロナワクチンは、感染予防の効果と副反応のリスクの双方を理解した上で、自らの意思で接種いただくものです。接種についてお子様と十分に相談いただいてご判断いただくとともに、周りの人へ接種を強制したり、接種しない人へ差別的な取り扱いをしないようお願いします。

接種対象年齢

初回接種(1・2回目接種)   1回目の接種日に5歳~11歳
追加接種(3回目接種)      3回目の接種日に5歳~11歳

(注意)1回目の接種時に11歳だった方が、2回目の接種時までに12歳になった場合は、 2回目接種も小児用ワクチンを使用します。

  2回目の接種後、12歳の誕生日を迎えたお子様が3回目の接種を受ける場合は、12歳以上用のワクチンの接種を受けることとなります。
  また、12歳になってから1回目接種を受ける場合は、12歳以上用のワクチンになるため接種する医療機関も異なります。予約の際はご注意ください。

ワクチンの種類

小児用ファイザーワクチン

接種量

1回につき0.2ml

接種回数

初回接種  2回(1回目の接種から3週間の間隔をあけて2回目を接種します)
追加接種  1回(2回目の接種から5ヵ月以上の間隔をあけて3回目を接種します)

(注意)1回目の接種から間隔が3週間を超えた場合、1回目から受け直す必要はありません。できるだけ速やかに2回目の接種を受けてください。

他のワクチンとの接種間隔

インフルエンザワクチンは新型コロナワクチンと同じ日に接種を受けることができます。
前後にインフルエンザ以外の予防接種を行う場合は、13日以上の間隔を空けてください。

費用

無料

接種券の発送時期

初回接種   令和4年2月下旬~
追加接種   令和4年9月中旬~

接種場所

  • てしまこどもの杜クリニック(日出町3902番地3)
  • 矢野小児科医院(日出町豊岡6100番地251) 3月14日~

 

(注意)小児用(5歳~11歳)の接種のみ行います。
1回目の接種をする日に12歳以上(12歳の誕生日の前日以降)の方は他の医療機関(1回目・3回目専用)を予約してください。
 

接種開始

初回接種  3月7日~

追加接種  9月14日~

予約方法

インターネット及びコールセンターでの予約になります。接種券が届いてから予約してください。

ワクチンの予約はインターネットが便利です。

yoyaku

2回目接種の予約受付はコールセンター(電話)のみになります。1回目の接種を終えてからお電話ください。

電話での受付は予約専用コールセンターへ

 フリーダイヤル 0120-695-710
受付時間 午前9時 ~ 午後6時(土・日・祝日除)

注意事項

・保護者の同意
予診票に保護者の署名が必要となり、署名がなければワクチンの接種は受けられません。
・保護者の同伴
接種当日は原則、保護者の同伴が必要です。
・当日持っていくもの
1.予診票(接種券と一体になったもの)
2.接種記録書
3.母子健康手帳(未就学児は必須)
4.本人確認書類(保険証、マイナンバーカード等)
 

副反応について

接種後に主な副反応として注射した部分の痛み、疲労、頭痛、発熱、などが起こることがあります。 注射した部分の痛みは接種したその日にあらわれ、そのほかの症状は接種した日の夜や次の日に起こりやすいです。いずれも数日以内に回復していきます。

   休日や夜間におけるワクチン接種後の副反応に関する相談窓口は下記のとおりです。

分県こども救急電話相談」

相談電話番号:#8000(097-503-8822)

 

相談時間
平日(月曜日~土曜日) 日曜日・祝日

午後7時から翌朝8時

午前9時から午後5時
 

午後7時から翌朝8時

 

この記事に関するお問い合わせ先

健康増進課 ワクチン接種対策室
〒879-1592 大分県速見郡日出町2974番地1
電話番号:0977-75-9080
ファックス:0977-73-2833
メールフォームによるお問い合わせ